おおたクリニックは香川県高松市にある、アレルギーアトピー、喘息の専門小児科です。アトピーアレルギーに関するお悩みなど、お気軽にご相談ください。

子育てママの必読情報

新鮮な魚の見分け方

DATE : 2017/09/25  CATEGORY :

今頃は、アジ・サンマ・太刀魚・一匹売りの鯛類

などの尾頭付きの魚の旬です。鮮度が落ちると、

ヒスタミンが増えて、蕁麻疹などの原因になる

こともあります。美味しさの決め手、魚の鮮度

の見分け方は、?透明なレンズの様に綺麗な目

?身体全体がみずみずしくウロコがしっかりして

いるもの(パック入りのはウロコを取ってある物
も有り) ?エラの内側が鮮やかな紅色をして
いるもの。鮮度が落ちると赤黒い色や、灰色の
ような白っぽい色になる。?お腹を指で押すと
ピンと張って弾力がある。
以上の点で、チェックしてみてください。

アレルギー対応の即席ビーフン

DATE : 2017/09/16  CATEGORY :

冷凍の即席ビーフンでお馴染みのケンミンが

アレルギー対応商品も製造していると食物ア

レルギーの子を持つ親の会のニュースで知り

ネットで購入、試したところ簡単にして美味

でした。アレルギー表示の表もネットで見ら

れるので安心でした。ケンミンビーフン検索

できます。食物アレルギーの子を持つ親の会

のニュースはいつも新情報満載で勉強になり

ます。http://pa-fa.com/ で一度ホームページを

覗いてみてください。

牛乳の本紹介(がんリスク?女性ホルモン?)

DATE : 2017/03/08  CATEGORY :

当院院長も最新の牛乳アレルギー情報を共著

している「牛乳のここが知りたい」

(気になる女性ホルモン、がんリスク)

ついに発売。編集:家庭栄養研究会

発売元:合同出版 発行:食べもの通信社

価格:600円+税 直接ご注文は

電話03-3518-0632まで

スマホ・ゲーム・テレビ等と、子供の脳発達

DATE : 2016/10/28  CATEGORY :

脳科学の分野で、めざましい研究をされ、文科省を始めたくさんの研究機関から数々の表彰を受けたことで有名な、川島 隆太教授の研究報告で、テレビ・ゲーム・スマホ等のメディア被爆が、子供の脳発達に次のようなネガティブな影響を与えることが明らかにされました。

?

☆? 健常な小児を対象にした3年間の追跡調査の結果、テレビの視聴時間の長さは、子供の言語性知能の発達と、脳の大脳皮質の発達にマイナスの影響を及ぼすことと、テレビゲームのプレイ時間の長さは、脳の司令塔である前頭葉の白質の発達に遅れをもたらことを証明。これは、やる気・根気・探求心などのポジティブな脳活動の発達を遅らせることにつながります。               

?

☆? また、宮城県在住の中高生4万2000人余を対象とした調査では、スマートフォンの使用時間と全教科の学力の間に強い負の相関関係があることを証明しました。また、学力との関係では、睡眠時間と自宅学習の時間とは関係が無いことも確かめました。

さらに、追跡調査の結果では、スマホ使用をやめると学力が向上し、再開すると学力が低下するという因果関係も明らかにしました。

また、スマホの使い方においても違いがありLINEに代表されるインスタントメッセージアプリの使用が、学力に対して最も強いネガティブ効果を持つことがわかりました。このアプリが何故、強いネガティブ効果を脳にもたらすかについては、今後の研究課題とのことです。

?

☆? テレビ・ゲーム・スマホ等のメディア被爆は、どれも被爆時に共通して脳の前頭連合野に強い抑制をかけ、これを継続して受けることが子供の認知機能発達に悪影響を及ぼしているのかもしれないと警鐘を馴らしています。

?

☆? 反対に子供の脳発達に良い影響を与えることとして証明されたことは、1に親の褒める言葉かけ。2に親が共に作業する・達成感を持たせる。3は親がしっかりと眼を合わせて会話する。の順に良い効果をもたらすとのことです。

?

?

美味しいパンの小麦は怖い !!! パン好きの子は気を付けて

DATE : 2016/06/04  CATEGORY :

今、日本のパンの殆どは、「アメリカ」とついで
「カナダ」からの輸入小麦で作られています。
この小麦はバイオテクノロジーによって作られた、
とても美味しい小麦です。成熟が早く、あらゆる
気候に適応して、しかも収穫量も多いので、世界の
飢餓を救うとも言われたものです。
本来、小麦は秋に種をまく冬小麦が基本ですが、
寒い地方で春に種をまいて秋に収穫できるように
改良したため、北米やカナダで沢山作られるよう
になりました。こうして夏の日差しと長い日照時間
によってタンパク質(グルテン)と炭水化物(糖質)が
多く、固くて日持ちする小麦が出来ました。
これに目を付けた、日本の「山崎パン」が、この小麦
の特質を引き出して、フワフワ、もっちりの白い食パン
作りを始め、これが広まって、日本のパンを世界一
美味しいパンにしました。

ところが、この小麦は美味しい変わりに大きな問題が
あるということが近年、ご当地アメリカで、判ってき
ました。

一つ目には、この小麦にはスーパー糖質とも呼ばれる、
ブドウ糖だけが結合した「アミロペクチンA」という
でんぷん質が多く含まれていることです。
そのため、甘みのある美味しいパンができるのですが、
スーパー糖質は体内に入ると素早く分解して血糖値を
急激に高めます。そのためにインスリンの分泌を急上昇
させ、その後大量分泌されたインスリンのために、
急激に血糖値が下がります。ですので、早く空腹感を
覚えて食べ過ぎを生み出します。中には食べて、2時間
たつ頃、血糖値の低下によって、お腹がすくだけでなく、
頭がボーっとしたり、倦怠感などを覚える人もいます。
そして、またパンが無性に食べたくなります。
そのあげく、パンばかり食べていると、インスリンの
過度な働きも相まって、内臓脂肪が貯まりやすくなり
「ぽっこりお腹」(ぼっこり小麦腹)になり生活習慣病
予備軍となる危険性があります。

二つ目には、この小麦には小麦タンパク質のグルテン
が多く含まれているために、このグルテンによる
アレルギーを起こす人が増えてきたことです。
また、体質的な要因もあるようですが、この小麦
グルテンに含まれる糖タンパク「グリアジン」が小腸
に炎症を起こして、セリアック病という腹痛・下痢など
の症状を起こす難病患者に、激しい免疫反応を引き起
こすといわれています。セリアック病は、扁桃痛や
倦怠感などの症状を伴うため診断が付きにくい病気です
が、アメリカでは、セリアック病と診断された人が
すでに300万人を超えているそうです。
こうしたことから、アメリカでは、グルテンフリー商品
を求める消費者運動が高まり、グルテンフリー商品が市場
に出回り、都会の食料品売り場では大きなコーナーを
しめる勢いだそうです。
また、2012年より、アメリカのお米の消費量が従来の
三倍に跳ね上がり、ニューヨークのスーパーの弁当コーナー
では、おにぎり・寿司が一番人気で、オフィス街では昼時
ともなると、日本食のランチ屋や回転すし屋が、軒並み満員
の盛況だそうです。この話は、実際に先日ニューヨークから
帰国して、当院を訪れたお母さんにも話を聞いて確かめた
ことです。

そして三つめには、輸入農産物につきものの、ポストハーベスト
農薬の残留です。穀類に付く虫は国により種類が違うので、
輸入穀物に生きた虫や卵がついたまま市場に出回り、その虫が
輸入国で繁殖すると、天敵がいないので大変なことになります。
また、長い運送期間にカビが生える危険性もあるため、輸出国では
収穫後に念入りに農薬をかけます。輸入国側でも、必要に応じて
バルサンを炊くように燻煙消毒を行ないます。こうして輸入小麦
には残留農薬が高い濃度で検出されます。かつて香川大学の農学部
で測ったデーターでは、輸入小麦から、国産小麦の1000倍の濃度
の農薬が検出されたという報告もあります。日本は他外国に比べ
農薬の規制が厳しく、日本で催奇形性や発がん性があると判断
された農薬は、輸入農産物に残留してはならないとしていますが、
非常に検疫官が少ないため十分な監視が行き届いていない現状
です。埼玉県では学校給食に県産の小麦を使用した埼玉ロールと
いうパンを供していますが、他県の給食パンでは少なからず有害
な残留農薬が検出されたことと比べ、埼玉ロールでは全く検出され
なかったという調査報告もあります。
TPP条約が実行されると、輸出国側の不利になる検疫はできなく
なるので、輸入小麦の残留農薬はもっと危険なものになるでしょう。
農薬が小麦などアレルギーを起こしやすい食べ物と一緒に身体に
入ると、アジュバント効果といって、食べ物のアレルギーを起こす
力をより強力にしますので、小麦についても、アメリカで食べて
いるより、ずっとアレルギーを起こしやすくすることになります。

2012年頃から、日本人のパン・麺の摂取はウナギ上りに増え、
今や主食の座は小麦にとって代わられてしまいました。
アメリカの人達と反対になってきています。
もっと日本の米を食べるようにしたいものです。

紫外線の防ぎ方

DATE : 2016/05/17  CATEGORY :

紫外線は一年間のうち6月から7月が最も強くなります。

時間帯では、午前10時から午後2時頃までに1日の半分

以上の紫外線が降り注いでいるので、紫外線が強い季節

には、その時間帯、長時間外にいることがないように

すると良いでしょう。

帽子をかぶる、日陰を選ぶ、衣類に紫外線防止効果のある

長袖をはおる、水で落ちる無添加の日焼け止めを塗る等

の対策とともに、乳幼児は地面や水面からの反射光にも

注意が必要です。

スマホに子守りをさせていませんか ?

DATE : 2016/02/23  CATEGORY :

福岡市のNPO法人の調査で、子供を静かにさせる

ためにスマホを見せたり触らせたりするスマホ子守り

をしている保護者が、三歳児で三割に及ぶことが報告

されました。

日本小児科医会では、親との会話や体験の共有を通じ

て発達する機会が減り、発育をゆがめる恐れがあると

して警告しています。自然に子供の目線で子供をあや

したり、話しかけたりすることが上手に出来るように

保護者が学べる機会作りと、子供の行動に寛容な社会

作りも大切だと思います。

今からでも遅くない。インフルエンザの予防接種を。

DATE : 2016/01/12  CATEGORY :

今年は、暖かく雨のふる日もあり、インフルエンザウィルスは

活躍が控えめでしたが、今頃になって、高松市でもそろそろ

発生し始めました。年長の学童・生徒や、予防接種をしていない

大人の方から感染しているようで、昨日当たりから小さな児にも

広がり初めているようです。

今から、寒さと乾燥が続くと、こうした感染者から、学校・家族

・保育園・幼稚園への感染が広がります。

2・3月にピークを迎える恐れがあり、受験生のいるご家庭など

とても心配でしょう。今からでも遅くありません。お近くの医療

機関にお申し込みください。打った後は、海藻のトロトロ成分の

フコダインが抗体産生を活発にするので、とろろ昆布やメカブ、

昆布やワカメのトロトロ煮などを意識して2週間ほどの間、毎日

食べるようにすると良いです。

思春期早発病。早まる月経、乳房の発達。

DATE : 2015/12/21  CATEGORY :

思春期早発病とは、第二次性徴が通常より2.3年早まる

病気です。日本小児内分泌学会では、乳房の発達が、

7才6か月より前に、月経開始が10才6か月より前に起こ

ると、思春期早発病の可能性が高いとしています。

原因は性ホルモンが早期に分泌されることで成長の急激

な進行が起こると説明しています。

これが起きると、本人や周囲の戸惑いという問題だけで

は無く、脳腫瘍や乳がん・子宮がん、そして欧米で激増

している多のう胞性卵巣症候群などの病気のリスクが高

まる可能性が問題視されています。

この性ホルモンが早期に分泌されてしまう原因としては、

ハーバード大学のラットとマウスの実験で、砂糖の過剰

な摂取や、プラスチックに囲まれた生活による環境ホル

モンの影響が報告されています。

日本の研究では、妊娠中の牝牛からも搾乳される牛乳の

多飲や、女性ホルモンの残留が多い米国産牛の摂取など

も、注意が必要と警告が出されています。

お子さんの生活環境と食べ物、注意できることは注意し

ていきたいですね。

ポテトチップス・フライドポテトに発がん性が !!

DATE : 2015/11/18  CATEGORY :

子供たちに人気のフライドポテトやポテトチップスですが、

スウェーデン食品庁がこのほど「ポテトや穀類を高温で

加熱した食品には、発がん物質であるアクリルアミドが、

多量に含まれる」と発表しました。

アクリルアミドは合成樹脂・合成繊維・接着剤などの原料

として使われていますが、日本では劇薬に指定されています。

?

国際がん研究機関(IARC)は、その発がん強度を5段階評価

で表していますが、アクリルアミドは、ディーゼルエンジン

の排気ガスなどと同じランクのレベル2に指定、人への神経

毒性や、ラット実験での発がん性を確認しています。

?

ポテト・穀類の揚げ物に含まれるアクリルアミドの量は、

今までの日本の食生活で摂られてきた味噌・醤油などの含有

量とは比較にならないほど大量でしかも一回の摂取量が体重

割合でいうと多く摂取しがちであることも問題視されており

人体の持つ抗がん処理能力を、はるかに超えるということで

危惧されています。

パン・クッキーなどの穀類の加熱したものについては、通常

の摂取量で有れば健康上のリスクは少ないと考えられています。

?

「海外では幼児期にフライドポテトを多食すると乳がんのリス

クが上がると報道」(日経ヘルス)との報道もあり、ドイツでは、

食品中のアクリルアミドを1kg当たり1mgに抑えるよう国が

勧告を出しています。日本ではまだ、調査・研究の段階ですが

子供たちや若い世代の方は、今後の健康のため、ポテトの揚げ

たものは、なるべく避けてもらいたいと思います。

最近のエントリー

検索

カテゴリー

アーカイブ

ページトップへ